忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/14

自己破産 申し立ての前にする事

周りの人に話をしておこう

自己破産を他人には知られたくないと言う気持ちは分かります。
しかし、身近にいる家族、保証人になってくれている人には、現在の自分の状況を
きちんと話をしておいた方が良いでしょう。

自己破産を検討している状況であれば、家族も家計の状況を十分、理解していると思います。
そこで、自己破産を行い、人生をやり直すと言うことを話をしておくことも大切です。
免責がおりて、借金が帳消しになり人生をやり直すには、やはり家族の支え合ってこそだと思います。

次に保証人になってくれている人には必ず話をしておくべきです。
それは、自己破産によって借金が帳消しになったとしても免責がおりるのは債務者であるあなたに対してだけです。よってキャッシング会社などは保証人に請求をしていくようになるのです。
保証人に支払うだけの経済力があるのであれば良いのですが、無ければあなたと同様に保証人も自己破産などの債務整理を行うことになるのです。

あなたの保証人になってしまったばかりに人生に狂いが出てきてしまうということを忘れないでください。ですので、保証人になってくれた方には事前に話をしておきましょう。

手続きのお金がない場合は

自分で自己破産の申し立てをするにしても約3万円、弁護士に依頼するとなると20万円~50万円もの費用が必要になってきます。お金がないので自己破産をしたいのに、お金がないから自己破産できないという状況にいる人も大勢いると思います。

そう言う人の為に法テラス(日本司法支援センター)というものがあります。
ここでは、お金のない方に援助費用な書類作成費用の立て替え、弁護士・司法書士の紹介なども行っています。こうしたところも利用できるのだと言うことを覚えていてください。

 

また弁護士事務所でも、着手金や報酬金については、免責が得られてた後、つまり借金が帳消しになった段階から分割で支払いを受けるという所もあります。

またお金がなく自分で自己破産の手続きを取る方に力強い味方となってくれるのが、自己破産の申立書を受け取ってくれる裁判所の窓口です。この窓口で相談するのも良いでしょう。

自分の力で自己破産の手続きをする人でも、その手続きをサポートしてくれるところがあるということを知っていれば、もう少し気が楽になるのではないでしょうか?

 

お金を抜いておこう

裁判所に自己破産の申立書をもらいに行く前にしておいた方が良いことがあります。
それは、サラ金やクレジットカードの引き落としに利用している銀行口座からお金をぬいておくことです。お金を入れたままにしておくと、勝手に引き落とされてしまいます。(当たり前のことですが。。。) せっかく自己破産をするのに、無駄なお金を払ってしまうことになります。

それと、自己破産では破産する人の財産(生活に必要な財産以外)を債権者(サラ金やクレジットカード会社等)に平等に分配しないといけないので、自己破産の申立てをする直前に一部の債権者にだけ返済することは、裁判官への印象がよくありません。 給料の振込みに使っている口座から引き落としている人が多いでしょうから、給料の振込先を変えた方がいいです。

公共料金も同じ口座にしているなら、変更後の給料振込み口座から引き落としにされるよう手続きを取りましょう。公共料金の支払いは借金ではないので、してもかまいません。

PR

2008/07/28 消費者金融 Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
最新記事
 
(05/19)
(12/11)
(08/06)
(07/31)
(07/23)
(05/24)
(10/07)
(06/07)
(05/20)
(03/16)
(02/04)
 
 
カテゴリー
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
RSS
 
 
 
リンク
 
 
 
アクセス解析